gooのスマホg06+(グーマルロクプラス)を買ってから行った設定5個。電池残量の表示もあり。

【g06+を快適にする為に、取り合えず行った5個の基本設定はこちら。】

小型の激安スマホ「gooのスマホg06+(グーマルロクプラス)」を買ってから、行った設定を幾つか備忘録が代わりに残す事にしました。

今回は、g06+を買ってから行った5個の基本設定について触れます。

スポンサーリンク

そもそもgooのスマホg06+って何?

「gooスマホg06」のパワーアップモデル

「g06+」は2017/7/31に発表された、gooシリーズの激安SIMフリースマホです。

昨年発売された4インチの小型スマホg06に、メモリーやストレージ倍増などの性能アップが施されています。 

 

※詳しい仕様はメーカーサイトでご確認ください。

[公式:g06+]

g06+ | 4インチ SIMフリースマートフォン

 

※「ベンチマーク」や「開封の儀」的な物を確認したい方は過去記事をどうぞ。

[過去記事:g06+到着レビュー]

【gooのスマホg06+とは?実機確認とベンチマークを公開!】 昨年暮れに「小型」と「激安」で一部ユーザーに人気を博した「gooのスマホg0...

基本設定5個

1.ランチャーの選択

g06+には2つのランチャー(g06ホーム、Launcher3)が最初から用意されています。

初回起動時に選択を迫られますが、後から[設定]→[ホーム]で選び直しが可能です。

f:id:piza-man:20170822182814j:plain

 

いきなり「選べ!」と言われても困ってしまいますので、それぞれの特徴を挙げておきたいと思います。

【g06ホームの特徴】

多機能なランチャーです。

ホーム画面で右から左にスワイプすると、「ニュース、天気、路線情報」などの生活情報を表示する機能が備わっています。

f:id:piza-man:20170822182915j:plain

 

アプリ一覧は「横表示」となります。

f:id:piza-man:20170822182933j:plain

生活情報のチェック頻度が高い方や、アプリをアレコレ入れたくない方にはメリットがありそうです。

 

【Launcher3の特徴】

とてもシンプルなランチャーです。

基本となるホーム画面とランチャー画面の操作以外に、余分な機能は見当たりません。お気に入りの情報アプリなどがある場合や、生活情報自体をあまり必要としていない場合に、無駄が無く感じられます。シンプル派はこちらがおすすめす。

 

なお、アプリ一覧は「縦表示」です。

f:id:piza-man:20170822183006j:plain

 

 

上記2つ以外にも「google play」には沢山ランチャーアプリがあります。既にお気に入りの物があれば、そちらも検討材料にどうぞ。

2.電池の残量表示

ステータスバーに「電池アイコン」は表示されているものの、「何%残なのか?」を示す数字は表示されていません。

つまり、電池残量(バッテリー残量)はアイコンの見た目で判断する必要があります。

f:id:piza-man:20170822183119j:plain

これでは少々不便なので色々弄ったところ、前作g06と同様「システムUI調整ツール」の利用で表示が可能になりました。かなり小さいですが。。。

f:id:piza-man:20170822183135j:plain

ざっくりと手順を補足すると

  1. 通知バーの「歯車アイコン」を回転するまで長押し
  2. [設定]をタップ
  3. [システムUI調整ツール]をタップ
  4. [ステータスバー]をタップ
  5. [電池]をタップ
  6. [常に割合を表示]をタップ

なお「システムUI調整ツール」の表示方法(※上記1の作業)は前作g06と同じでした。図解が必要な方は過去記事を参考にしてください。

[過去記事:g06の電池残量表示]

【設定することで「%」表示が可能です!】 g06の電池残量(バッテリー残量)は、デフォルトではバッテリーアイコンマークで表示されます。 g...

3.クイックメニュー整理

小型スマホにありがちなタップミスを減らす為、クイックメニューに表示させたいアイコンを絞り込んで置きましょう。

手順は下記。

  1. クイックメニューを表示(ステータスバー付近から↓にスワイプ)
  2. [編集]をタップ
  3. 好みのアイコンをドラックアンドロップで入替

f:id:piza-man:20170822183759j:plain

4.消灯時間

初期状態の画面設定は下記の通りでした。

  • 明るさレベル:約50%
  • 明るさの自動調整:OFF
  • スリープ:1分後

f:id:piza-man:20170822183839j:plain

 

毎回目にするディスプレイです。お好みに合わせて変更する事をおすすめします。

ちなみに私は「明るさの自動調整:ON」「スリープ:2分後」で利用しています。

5.保存場所の指定

カメラで撮影した写真を自動的にmicroSDカードに保存させたいケースは多いと思いますが、カメラアプリ上から保存場所設定する事は出来ないようです。(単に見落としであればご容赦下さい。)

[カメラの設定項目(初期値)]

f:id:piza-man:20170822190308j:plain

如何しても自動保存したい場合には「デフォルトの書き込みディスク」にmicroSD指定する事で実現出来ます。

  1. 設定
  2. ストレージ
  3. ○○○SDカード

f:id:piza-man:20170822184042j:plain

 

なお、利用するmicroSDカードにもよりますが、利用頻度の高いデータは「内部ストレージ」保存する方が無難かも知れません。

[内部ストレージ速度測定]

f:id:piza-man:20170822185126j:plain

microSDのはこちら↓

[過去記事:g06+microSDカードスロット測定]

【激安スマホ「g06+」のmicroSDカードスロット性能は如何に?】 先日到着し、絶賛弄り中の4インチスマホ「g06+」。 激安価格(税...

まとめ

g06+は高スペックではありませんが最低限の性能は有しており、用途や好みに合った設定を行うと、より使い勝手が向上する可能性があります。

今回紹介した項目は勿論、購入後は「設定」内の全ての項目を一通り確認する事をおすすめします。

 

それでは、楽しいg06+ライフを!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする