100均セリアで乾電池式充電器「USB charger」を買ってみた!

昨年(2019年)は、災害で長期間の停電に陥る地域もあり、自宅での災害対策を考えるきっかけとなりました。

 

災害停電時でも、安否確認に情報収集、懐中電灯代わりとスマホが有用なのは間違いありませんが、バッテリー切れでは何の役にも立ちません。

 

このバッテリー切れを簡単に解決してくれそうな物といえば、「モバイルバッテリー(充電式)」です。

 

しかし、いつ起こるのか分からないのが災害です。

 

災害時に、毎回都合良くモバイルバッテリーが充電してあるとは限りません。

 

そこで気になっているのは「乾電池式モバイルバッテリー」です。

 

停電時、家中の乾電池(例:リモコン、時計類、ワイヤレスキーボード・マウス等)をかき集めれば、とりあえず緊急連絡分の充電は出来そうな予感です。

 

久々に100均で乾電池式モバイルバッテリーを見かけたので購入してみる事に。

 

今回は、100円ショップセリアで「USB charger 充電用電池BOX(BBJ01)」を買ってみた話です。

JAN:4986653901245

スポンサーリンク

開封の儀

パッケージ表

購入価格は100円(税抜)です。

 

パッケージ上部。

電池は単3を2本使用します。

 

あれ・・・?

購入時には気が付きませんでしたが「iPhone・iPodやiPad、スマートフォンの充電にはご使用できません。」の記載。

完全に見落としでしたが、後ほど自己責任で検証してみたいと思います。

 

アルカリ電池と充電池が使えるようです。

なお、充電ケーブルは付属していません。

つまり別途必要なのは下記2点ですね。

  • 単3乾電池×2
  • 充電ケーブル

パッケージ裏

裏は説明書。

使用上の注意

ここでの「携帯電話」とはガラケーの事でしょうか?

更に詳しく

パッケージ裏面を詳しくチェックしたい方は下記でどうぞ。

パッケージ裏画像(大)

本体

本体はシンプル構造で、黒いABS樹脂が採用されています。

「USB CHARGER」の記載。

カバーが外しやすいように、スライド用のミゾもあります。

実際にスライドしたところ。

こんな感じでカバーは外れます。

電池BOX内部。

天面にはUSBが1個口

裏面にはロゴ等一切ありません。

サイズ・重量

ザックリと本体サイズと重量の計測。

外観サイズは縦:約77mm、横:約34mm、高さ:約19cm

重量は約22gくらい。(電池なし)

自己責任検証

【自己責任検証】は、管理人が自己責任で行った「製品の本来の使い方では無い行為」の検証です。仮に真似をしてトラブルが発生しても、メーカーさんは勿論、当サイトでも一切責任は負えません。

既に紹介したように、パッケージでスマホ非対応である事が分かりました。

しかし、過去に購入した100均乾電池式モバイルバッテリーも同じような構造でスマホ対応だったことから、なかなか諦めきれません。

 

自己責任で検証してみる事にしました。

 

電池には手持ちの充電池(ニッケル水素電池)の「パナソニック エネループ eneloop BK-3MCC」

※1.2V min.1900 mAh

 

検証用にサブスマホのGoogle Pixel 3a(バッテリー約3000mAh)を用意しました。残量は2%。

 

早速、ケーブルで接続してみると・・・充電アイコンに変わりました!

 

出力不足で充電されない事も考えていましたが、とりあえず低速充電が開始されたようです。

 

スリープで放置すること約1時間。

13%に。

 

開始から約2時間で25%に。

 

開始から約3時間過ぎでチェックしたところ、いつの間にか充電終了していました。

30%。

 

意外にも充電自体は出来てしまった訳ですが、「製品の本来の使い方では無い行為」なので、使い所が難しくなってしまいました。

今度、検証充電する時は出力をチェッカーで計測してみたいと思います。

 

なお、どうしても試したい方は自己責任でどうぞ。

まとめ

乾電池式は災害用の備えとしてありかも

本品は一応スマホ不可との事ですが、もう少し予算を確保すれば「スマホ対応の乾電池式モバイルバッテリー」の入手は可能です。

 

充電容量の面で「充電式モバイルバッテリー」に大きく水をあけられている「乾電池式モバイルバッテリー」ですが、災害時の備えとして1個自宅保有しておくのは悪くないアイデアと思いました。

それでは、楽しいスマホライフを!

タイトルとURLをコピーしました