100均セリアで乾電池式充電器「USB charger」を買ってみた!

停電時のスマホ充電に大活躍する「モバイルバッテリー」。

 

しかし、常に満充電してあるとは限りません。

 

そこで目をつけたのはレトロな「モバイルバッテリー(乾電池式)」です。

 

今回は、100円ショップセリアで「充電用電池BOX USBポート付(BBJ01)」を買ってみた話です。

JAN:4986653901245

スポンサーリンク

充電用電池BOX USBポート付

110円

購入価格は100円(税込110円)です。

 

単三乾電池を2本

パッケージ上部。

電池は単3を2本使用します。

 

スマートフォン不可?

あれ・・・?

購入時には気が付きませんでしたが。下記の記載。

iPhone・iPodやiPad、スマートフォンの充電にはご使用できません。

完全に見落としでしたが、後ほど自己責任で検証してみたいと思います。

 

USBケーブルは付属しない

USB充電ケーブルは付属していません。

つまり別途必要なのは下記2点ですね。

  • 単3乾電池×2
  • 充電ケーブル

 

パッケージ裏

裏は説明書。

 

使用上の注意

ここでの「携帯電話」とはガラケーの事でしょうか?

 

更に詳しく

パッケージ裏面を詳しくチェックしたい方は下記でどうぞ。

パッケージ裏画像(大)

 

本体

本体はシンプル構造で、黒いABS樹脂が採用されています。

内包物は本体のみ。

 

「USB CHARGER」の記載。

 

カバーが外しやすいように、スライド用のミゾもあります。

 

実際にスライドしたところ。

 

こんな感じでカバーは外れます。

 

電池BOX内部。

USB1個口

天面にはUSBが1個口

 

裏面にはロゴ等一切ありません。

 

サイズ・重量

ザックリと本体サイズと重量の計測。

外観サイズは縦:約77mm、横:約34mm、高さ:約19cm

 

重量は約22gくらい。(電池なし)

検証してみた

管理人が自己責任で実施した検証です。

既に紹介したように、パッケージ上ではスマホ非対応との事。

しかし、過去に購入した100均乾電池式モバイルバッテリーも同じような構造でスマホ対応だったことから、なかなか諦めきれません。

 

自己責任で検証してみる事にしました。

【検証環境】
乾電池:eneloop BK-3MCC(1.2V min.1900mAh)
スマホ:Pixel 3a(約3000mAh)

 

残量は2%からスタート。

 

早速、ケーブルで接続してみると・・・充電アイコンに変わりました!

 

出力不足で充電されない事も考えていましたが、とりあえず低速充電が開始されたようです。

 

スリープで放置すること約1時間。

13%に。

 

開始から約2時間で25%に。

 

開始から約3時間過ぎでチェックしたところ、いつの間にか充電終了していました。

30%。

意外にも充電自体は出来てしまいました。

※パーセンテージは電池性能とスマホバッテリー容量によって大きく異なります。

 

 

なお、全ての環境で充電できる保証はありません。試したい方は自己責任でどうぞ。

 

スポンサーリンク

まとめ

乾電池式は災害用の備えとしてありかも

今回の自己責任検証では、とりあえず充電が出来るようでした。

 

停電時に乾電池のストックが無くとも、家中からかき集めれば(例:リモコン、時計類、ワイヤレスキーボード・マウス等)緊急連絡分の充電は出来そうな予感です。

 

災害時の備えとして1個くらい、乾電池式を保有しておくのは悪くないアイデアかも知れません。

それでは、楽しいスマホライフを!

タイトルとURLをコピーしました