レンタカーにもおすすめ!ダイソー「スマホホルダー マグネット式 車内用」300円

安価な車載スマホスタンドは、ダッシュボード等に両面テープで固定するタイプが多数を締めます。

 

車載スマホスタンドとしての役割は果たせるものの、再貼付けが出来なかったり、テープ跡が残ってしまったりと、レンタカーやカーシェア、リースなどに利用するには躊躇いを感じていしまいます。

 

そこで、テープ跡に悩まされないタイプの車載スマホスタンドを出来るだけ安価に探してみる事にしました。

 

今回は、100円ショップダイソー(DAISO)で「スマホホルダー マグネット 車内用」を買ってみた話です。

JAN:4549131867848

スポンサーリンク

開封の儀

パッケージ

四角い箱型パッケージ。価格は300円(税抜)です。

 

パッケージ正面。

使用はイメージと、主な特長が記載されています。

パッケージ右側面(使用方法)

右側面には使用方法(スマホホルダーとスマホの固定)についての記載。

 

パッケージ左側面

左側面には、主にスマホホルダーとダッシュボード等の固定方法が記載されています。

 

パッケージ裏面

パッケージ裏面は使用上の注意です。

使用上の注意

更に詳しく

パッケージ裏を詳しく確認したい方は下記をどうぞ。

パッケージ裏画像(大)

 

本体

内包物は「スマホホルダー」と「鉄板」です。

鉄板

鉄板は2枚付属しています。

 

鉄板の裏。1枚は両面テープ付きです。

 

基本的に、スマホケースに挟んだり、貼り付けたりして、使います。

両方を同時に使うことはありません。ご自身の環境にあった板を、片方のみ利用します。

 

スマホホルダー

ABS樹脂のスマホホルダー。

一番上の丸い部分がスマホ取り付け場所で、マグネットが埋め込まれています。

 

土台はカチカチと音を立てながら、360°回転させる事が出来ます。

 

もちろん、ネック部分の角度も変えられます。

 

上に向けてみました。

 

土台の裏。

土台は「吸盤」と「ゲルパッド」のダブルで固定します。

購入直後には保護シートが付けられていました。剥がしましょう。

 

使い方

 

固定場所の汚れを拭き取り、スマホホルダーを置きます。

吸盤はストッパーを使う事ではじめて機能します。

※土台上のストッパー(固定していない状態)

 

ストッパーを畳み、吸盤を引き上げましょう。

※土台上のストッパー(固定)

 

スマホのケースに鉄板を挟みます。(挟めない場合は貼り付け)

 

後は、鉄板部分をスマホホルダーのマグネット部分に合わせるだけです。

まとめ

再利用が容易な車載スタンド

吸盤と水洗いで復活しやすいゲルパッドの組み合わせで、再貼り付けが容易な車載スタンドに仕上がっていました。

 

レンタカーやカーシェアなどでも、スマホナビアプリを利用してみたい!という方は検討の価値がありそうです。

それでは、楽しいスマホライフを!

タイトルとURLをコピーしました