格安スマホマイスターぴざまん

気になるスマホやPC関連をレビュー!ベンチマークや設定も公開。

g07で100円ショップ(セリア)のマルチカードリーダーを使ってみた。OTG速度測定もあり。

「過去資源(メディア)を有効活用!」と「どっちが速い?OTG接続・内部スロットの速度比較」も。

前回、g07から手持ちのUSBメモリーへデータを移す手順について触れました。

www.pizaman.com

 

過去資源(メディア)を有効活用

現在、外部保存メディアといえば普及率上、殆どの人が「microSDカード」と「USBメモリー」の名前を最初に挙げると思われます。

しかし、これら以外にも過去に使っていた「デジカメ」、「古い携帯電話」、「ゲーム機」の中にメディアが眠っていませんか?

 

例えば、

  • SDカード(デジカメで使っていた)
  • メモリースティック Pro Duo(ゲーム機で使っていた)
  • miniSDカード(で使っていた)

 

今回はこれらの「過去資源の再利用」と、「OTG速度測定」を試みる事にしました。

 

マルチカードリーダーを物色

まずは、マルチカードリーダーを持っていなかったので物色する事にしました。

探した結果、普通に500円程度から販売されているので購入する予定でしたが、ふと立ち寄った100円ショップ(セリア)で見つけてしまいました。

 

メーカーは九七株式会社。新潟の燕、職人の町の会社ですね。

f:id:piza-man:20170117203515j:plain

 

SD、MicroSD、メモリースティック、M2の4メディアが使えます。USBケーブルは背面収納式です。100円でこれは結構すごいかも知れません。

f:id:piza-man:20170117203540j:plain

近くに店舗がある方は、これで十分かもしれません。

店舗が無い方は交通費の方が高く付きそうなので、ネットで500円くらいの物を買ってしまった方が良さそうです。

 

検証

手順は前回同様ですが、念のためおさらいです。

 

1.ケーブルの準備

「OTGケーブル・マルチカードリーダー・SDカード」をg07に接続します。

f:id:piza-man:20170117203610j:plain

 

2.フォーマット開始

[設定] → [ストレージとUSB]

外部ストレージの「USBドライブ」をタップし、セットアップ。

続けて「消去してフォーマット」ボタンで開始です。

f:id:piza-man:20170117203630j:plain

3.フォーマット完了

フォーマット完了後、データ容量が表示されれば完了です。

f:id:piza-man:20170117203644j:plain

 

 

マルチカードリーダー経由でも、無事にメディアは認識できました。これで眠っているメディアが活用できそうです。

 

※外す時は必ず、[設定] → [ストレージとUSB]から、取り外しマークをタップしてから外しましょう。

 

どっちが速い?OTG接続・内部スロットの速度比較

g07は本体にmicroSDカードスロットがありますが、あまり速度が出ない仕様でした。(Read 29、Write 13 MB/s

www.pizaman.com

 

最大で128GBのカードが扱えるため、microSDと内部ストレージ間で大量のデータを移動する場合、かなり時間が掛かる事が予想されます。

 

今回、マルチリーダーにmicroSDカードを挿入しても、問題無くg07に認識される事がわかったので、こちらの速度も計測しておこうと思います。

 

検証

検証条件
測定アプリ:A1 SD Bench
計測カード:silicon-power microSDHCカード(SP016GBSTH010V10)
(SD速度参考:USB3.0接続PC計測 Read 89、Write 13MB/s 程度)

 

それでは、マルチカードリーダー経由の計測結果です。

f:id:piza-man:20170117203711j:plain

 

マルチカードリーダー経由microSDカード:Read 12、Write 13 MB/s

 ※小数点以下端数切捨て

 

内部スロット使用時(Read 29、Write 13 MB/s)よりも更に速度低下してしまいました・・・。

 

 まとめ

過去資源(メディア)を有効活用について

マルチカードリーダーの利用で過去資源が利用できるのは非常に手軽な印象でした。

昔のメディアに写真を保存したままの方は、この機会にスマホ側に移動してしまった方が、バックアップ等が便利かもしれません。

 

どっちが速い?OTG接続・内部スロットの速度比較について

これは残念な結果に終わりました。内部ストレージとmicroSDカード間のデータやり取りは、大人しく本体のmicroSDカードスロットを使いましょう。

 

それでは、楽しいg07ライフを!