格安スマホマイスターぴざまん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホマイスターぴざまん

気になるスマホをレビュー!ベンチマークや設定も公開。

【遂に7.0!】国内版 zenfone3にAndroid7.0アップデート(JP_14.2020.1703.33)が配信!注意点と前後のベンチマークを公開!

国内モデルのzenfone3が公式にAndroid7.0なりました!

ついに本日2017/5/15日付けで、国内版のzenfone3(ZE520KL、ZE552KL)にandroid7.0へのアップデート(JP_14.2020.1703.33)が配信されました!

f:id:piza-man:20170515164702j:plain

既に配信済みの海外モデルから待つこと数か月。待ち望んでいた方も多い事でしょう。

今回はついに7.0アップデートされたzenfone3の、アップデート内容と注意点、その後のベンチマークについて触れたいと思います。

アップデート内容

メーカーサイトでもアップデートを公式に発表

今回のアップデート(JP_14.2020.1703.33)はメーカーサイトでも、NEWSとして触れられています。

[ASUS ニュースリリース]

https://www.asus.com/jp/News/zU3xYoOJ3MSH1Db3

 

しかしながら、上記リンクには「具体的なアップデート個所」についてあまり言及がありません。実際にスマホに届くアップデート通知で、もう少し詳しく確認する事ができます。

通知内容で確認出来る「アップデート個所」は下記の通りです。

【アップデート個所】

  1. Android7.0 Nougat へのアップデート
  2. システムパフォーマンスを改善
  3. タッチパネルのパフォーマンスを改善
  4. カメラのパフォーマンスを改善
  5. カメラのシャッター音を調整

上記の5点が今回のアップデート内容です。

どうやらOS以外にも、タッチパネルやカメラ回りの修正アップデートも含まれるようです。

※OSのメジャーアップデート(Android 7.0)です。

※自己責任の元アップデート適用を実施してください。

※なお、タブレットのZenPad 8.0(Z380M)に対しても同様のアップデートが配信されています。

 

注意点

一部のプリインストールアプリが使えなくなる

アップデート後、プリンストールアプリに使えなくなる物や起動方法が変更になる物があります。詳細はメーカーサイトで確認できます。

 Android 7.0へのアップデート時の注意事項

  1. ZenMotionの「ふるふる」は、Android 7.0へのアップデード時に削除されます。 
  2. アプリ「Share Link」は、Android 7.0へのアップデード時に削除されます。 
  3. アプリ「ASUS Splendid」は、以下の手順にて起動が可能になります。 [設定] -> [ディスプレイ] -> [画面カラーモード]
  4. アプリ「オーディオウィザード」は、以下の手順にて起動が可能になります。ZenFone 3 (ZE520KL/ZE552KL)の場合: [設定] -> [音とバイブレーション] -> [オーディオウィザード] ASUS ZenPad 8.0 (Z380M)の場合:[設定] -> [音] -> [オーディオウィザード]
  5. アプリ「懐中電灯」は、画面上から下にスワイプすると表示される「クイック設定」から起動可能になります。ZenFone 3 (ZE520KL/ZE552KL)のみ

現在お使いのアプリが、Android 7.0には対応していない場合があります。Android 7.0へアップデート後のアプリの不具合に関しては、各アプリベンダー様へお問い合わせください。

 

「ZenFone 3 (ZE520KL/ZE552KL)」と「ASUS ZenPad 8.0 (Z380M)」のAndroid 7.0への FOTAアップデート開始

https://www.asus.com/jp/News/zU3xYoOJ3MSH1Db3

削除対象のプリンストールアプリを利用している方は、代替えアプリを探しておきましょう。

各アプリ( サードパーティ)の動作は各自で確認を

今回はアップデートはOS自体が変わる、比較的大きな内容です。

当然インストールしたアプリ全てが、android7.0にアップデート後も100%動作する保証はありません。

 

「絶対に使えないと困るアプリ」がある方に関しては、事前に対象のアプリが7.0で動作するのか?確認する事をおすすめします。

一般的にこの手の動作確認情報は多く、余程マイナーなアプリで無い限り、ブラウザで「アプリ名 Android 7.0」のようなキーワードで検索すれば何かしらの情報を得る事ができます。また、どうしても不明な場合は配信元に問い合わせても良いかもしれません。

仮に対象のアプリが7.0に対応していない場合、アプリが7.0に対応するまで、今回zenfone3のアップデートを見送るのも一つの手です。

アップデートしてみた

※アップデート検証にはZenFone 3 (ZE520KL)を利用しています。アップデート前のファームは前日まで最新だった「JP-13.2010.1612.161」です。

1.ワイヤレスアップデート

[ 設定 ] → [ 端末情報 ] → [ システムアップデート ]をタップ。

 

2.アップデートファイルのダウンロード

DLデータ量は1,174.61MBです。1GBを超えるデータ量がある為、wifiの利用がおすすめです。なお、モバイル回線でもDL可能との事。

最下部の「はい」ボタンをタップでダウンロードの開始です。DL中はスマホも利用できます。

[DL画面]

f:id:piza-man:20170515163059j:plain

 

3.更新

DLが完了したら、好きなタイミングで手動でアップデートを開始出来ます。開始すると「更新パッケージを処理います」とメッセージが表示され、ひたすら完了を待つことになります。

※ここから、アップデート完了までは約20分掛かりました。

※更新開始すると完了まで端末は一切利用出来ません。

[ 開始直後]

f:id:piza-man:20170515163118j:plain

 

4.バージョン確認

無事に再起動し、「システム更新に・・・」が表示されたら完了です。

f:id:piza-man:20170515163131j:plain

表示を見落とした方は念のため「ソフトウェア情報」の表示で適用確認しておきましょう。

[設定]→[端末情報]、ソフトウェア情報が下記と同じであれば完了です。

[ZE520KLのアップデート後]

  • ZE520KL:JP_14.2020.1703.33_20170424

f:id:piza-man:20170515163154j:plain

※なお、Z380M(タブレット)の場合は番号が異なります。

  • Z380M:JP_V5.3.8_20170421 

 

以上でアップデート完了です。お疲れ様でした。 

ベンチマーク

アップデート前後でベンチマーク(antutu v6.2.7)測定しました。

前後を各4回ずつ、計8回実施。

アップデート前

ファーム:JP-13.2010.1612.161

[左:1回目、右:2回目]

f:id:piza-man:20170515163219j:plain

[左:3回目、右:4回目]

f:id:piza-man:20170515163234j:plain

 

アップデート後

ファーム:JP_14.2020.1703.33

[左:1回目、右:2回目]

f:id:piza-man:20170515163421j:plain

[左:3回目、右:4回目]

f:id:piza-man:20170515163434j:plain

 

まとめ

アップデート前に押さえるポイント
  • DLデータ量は1,174.61MB。
  • 更新開始から完了までの所要時間は、約20分。(DL時間含まず)
  • アップデートには約1.5GBのストレージ空きが必要との事。(DL画面の案内)
  • 更新中はスマホは使えない。十分な時間と電池残を確保した上でどうぞ。
ベンチマークについて

誤差の範囲内で、大きな変化は無さそうです。

 

アップデート後の使用感

今の所アップデート後の使用感(動作の軽さ重さ)に変化は感じません。

 

2画面表示(操作)を使うには

7.0の代表的な新機能「2画面表示(操作)」を、アップデート後のzenfone3では利用する事が出来ます。

[例:WEBサイトを見ながら、設定操作]

f:id:piza-man:20170515163455j:plain

ただし、事前準備が必要となります。

通常は本体右下の「マルチタスクボタン」を長押しで2画面表示可能ですが、zenfone3はデフォルトで「スクリーンショット」のショートカットが割り当てられているので、変更する必要があります。

[マルチタスクボタンの割り当て変更方法]

  1. [設定]
  2. [ASUSカスタマイズ設定]
  3. [マルチタスクボタン]
  4. [ボタンの長押しで、マルチウインドウ機能を・・・]を選択。

f:id:piza-man:20170515163542j:plain

少々慣れが必要ですが、使いこなせば非常に便利な機能です。

 

それでは、楽しいzenfone3 Android7.0ライフを!