格安スマホマイスターぴざまん

気になるスマホやPC関連をレビュー!ベンチマークや設定も公開。

アメリカのamazon(マケプレ)で詐欺られてみた話。対処方法(A-to-Z Guarantee claims)も一応紹介。

アメリカでも同じパターン?マケプレ詐欺。

以前、国内amazonのマーケットプレイスで詐欺が多発して、ニュースになったりしていました。

www.yomiuri.co.jp

さて、時々私はアメリカのamazonでも買い物をする事があるのですが、少し前に同じようなケースに当たってしまいました。

今回は、アメリカのamazon「amazon.com」で詐欺られた時の話です。

経緯

そもそも少し安い新規業者だった

注文したのはPCとスマホのアクセサリーでしたが、他店よりも少し安め(激安では無い)の新規店でした。

既に微妙な感じもしますが、新規出品者や評価数の少ない出品者が若干安く販売するケースはさほど珍しくありません。

万一の場合でも、A-to-Z Guarantee claims(Amazonマーケットプレイス保証の事)など買い手保護が充実しているので、軽い気持ちで注文してみる事に。

1.注文当日

カートに入れて注文完了です。

注文後、すぐに「ありがとうメール」が届きました。

f:id:piza-man:20170920210533j:plain

システム上の到着予定日は5~10日後との事。特にここまでは問題ありません。

 

2.翌日

翌日には「発送しましたメール」。

予想よりも速いなーと思っていたのも束の間、追跡情報を見ると何故か中国の郵便配送サービス「ePacke」。

さらに、ePackeの追跡サイト上の結果は「そんな荷物ないよ」。

f:id:piza-man:20170920210550j:plain

 

注文時はカリフォルニアから発送だったので、かなりアウトな予感がしてきました。

しかし、特に急ぎの商品では無かった事と「まだ追跡サービスに反映されていないだけ」の可能性も考え様子を見る事に。

 

3.10日目

到着予定日を迎えましたが、案の定、届く事は無く荷物追跡も変わらず。

 

amazon.comにログインし、注文履歴からアクションを起こそうとしたところ「先ずは、出品者に一度問い合わせてみろ」的なメッセージが表示されたので、大人しく従う事に。

同じく注文履歴から問い合わせます。

「Tell us more about your issue」から問い合わせのタイトルを選びます。

f:id:piza-man:20170920195312j:plain

今回は「Where's My Stuff?」を選択しました。

f:id:piza-man:20170920195332j:plain

真ん中のフォームに問いあわせを入力をします。

f:id:piza-man:20170920195439j:plain

出品者からの返事を2営業日は待ちましょう。

4.14日目

週末を挟んだ為、数日余分に待ってみましたが音沙汰なし。そろそろ、真面目に米Amazonに助けて貰う事にしました。

 

注文履歴から「A-to-Z Guarantee claims」の手続きを開始します。

 

先ずは「file an a-to-z guarantee claim」の「Please indicate the reason this for claim」でクレーム内容をしっかりと選びましょう。訳の分からない主張は却下の原因になります。

なお、今回は商品が届いていないので「I did not receive my order items」を選びました。

f:id:piza-man:20170920195512j:plain

 

更に詳細入力画面が表示されます。

各項目については後述。

f:id:piza-man:20170920195533j:plain

各項目についてざっくりと。

  1. 「Please indicate the reason this for claim」にサブカテゴリーが表示された場合には、更に詳しい理由を選んでください。
  2. 「Items to include in your claim」はクレーム対象数についてです。例えば同じ商品を2個購入して、1個だけ不良品だった場合など。
  3. 「Delivery details(optional)」は、配送情報を入力する項目です。
  4. 「additional information」には追加情報を入力します。

※ちなみに今回は「4」追加情報に、

  • まだ届けられていない事
  • 追跡番号は有効ではない事
  • 問い合わせの返信は無い事

を簡潔に記載しました。

 

送信後、いわゆる完了画面が表示されます。

購入時の決済方法にもよりますが、申請が通った場合の返金方法(米amazonギフト、カードへの返金等)を指定する事が出来ます。お好みでどうぞ。

f:id:piza-man:20170920195740j:plain

殆どの場合は14日以内にクレームの決着がつくとの事。後は結果を待つだけです。

5.17日目

数日後、米amazonから「申請が無事に通った事のメール」と「返金手続き完了のメール」が届きました。

f:id:piza-man:20170920210533j:plain

時間はかかりましたが、しっかりと保護してもらえました。

 

まとめ

気を付けるポイントは一緒

国内だけでは無く、海外のamazonでも同じような手口が出始めているのか、とても残念です。手口に大差ない事から、同一グループのなのかも知れません。

ただ、これは気を付けるポイントも一緒と言う事もにもなります。

  • 新規出品者
  • 価格が妙に安い(商品は新品)
  • 自社発送(amazon発送ではない)

一つ一つは、必要以上に気にする事ではありませんが、3つ全てに該当する場合は、国内外問わず警戒すべきかもしれません。

もしもの時も、慌てずに

万一、米amazonでこれらの手口に引っ掛かってしまっても、国内同様、手厚い購入者保護制度があるので心配する必要はありません。

規定を満たす前に、保護申請やサポートに感情的な対応を求めて申請却下されては元も子もありません。まずは慌てず落ち着きましょう。

 

ポイントは条件を満たしている事を確認してから、申請手続きを開始する事だけです。

[A-to-Z Guarantee claimsの条件]

Amazon.com Help: A-to-z Claim Conditions

 

それでは、楽しいPCライフを!