格安スマホマイスターぴざまん

気になるスマホやPC関連をレビュー!ベンチマークや設定も公開。

スマホに冬の加湿器は大敵なのか?最新11機種の湿度耐性を調べてみた。

思ったよりは湿度耐性があるようです。ただし加湿しすぎは見直しを!

皆さんは加湿器を使われていますか?

加湿器で部屋の湿度を高くすると、じんわりですが気温以上に体感温度が高くなります。

南関東であれば加湿器とカーボンヒーターで12月を越せそうなくらい違いがあります。(部屋の気密性や広さにもよりますが・・・)

 

暖かくて、風邪予防、静電気防止、喉も痛くになりにくい上、最近の加湿器は結構省エネと、良い事づくめのように感じられます。

 

しかし、ここでも私が気になるのは「スマホ」です。

 

過去に、いわゆる大手キャリアの端末を使っていた時は、実際に動作していても店頭アフターで門前払いをくらってしまう「水濡れシール」にはとても気を使っていました。

 

そんな経緯から、スマホは水分に非常にデリケートな印象があります。

もガンガン加湿器を使って問題ないのでしょうか?なんだか不安になってきました。

 

以前、スマホの最低気温が気になって調べた事がありますが、

piza-man.hatenablog.com

 

今回は最近機種の想定湿度が何%に設定されているのか調べてみる事にしました。

 

検証

以前の気温調査同様、新型スマホを中心に11機種を調べて上げてみました。

  • Xperia XZ:45~85%(※1)
  • Xperia X Compact:45~85%(※1)
  • iphone7:5~95%
  • iphone7s:5~95%
  • Galaxy S7 edge:0~95%
  • zenfon3:-
  • zenfon3 Laser :-
  • arrows NX:45~85%(※1)
  • AQUOS ZETA:45~85%
  • HUAWEI honor 8:-
  • HUAWEI P9 lite:-

 ※1:浴室では45~99%2時間以内。

 

気温の時とは違い、想定湿度に関して明確な情報を公開していない製品も多く、各製品バラバラの結果となりました。

国内メーカーは全て情報が公開されていました。しかし横並びの想定値が、あえて余裕を持たせている印象をうけました。

もしかして時々見かける水没していないの水濡れシール反応有る場合の口実?

 

まとめ

今回の共通点は、高い湿度が想定されている点があげられます。

想定湿度の上限が最低でも85%となっており、予想外にスマホは単純な湿度に関しては高い耐性があるようです。

 

最近の加湿器は、ただ湿度をあげる訳では無く快適な湿度を「保つ」タイプが多く、70~80%程度にキープされる事が多いかと思います。やりすぎで無ければ、湿度の高さについてはさほど気にする必要はなさそうです。

 

水濡れについては当然厳禁ですが、結露も「警告」事項として挙げている製品が多くあります。窓際での充電は控えた方が安心です。

  

  • 基本的にスマホはある程度高い湿度での使用は想定している
  • ただし水濡れや結露は厳禁。窓際での充電は控えるべき。
  • 快適な湿度を保つ事。湿度85%越えはやりすぎ。カビ発生を防ぐためにも見直す必要あり。

 

それでは、楽しいスマホライフを!