格安スマホマイスターぴざまん

気になるスマホやPC関連をレビュー!ベンチマークや設定も公開。

【実機レビュー】HUAWEI P10 lite (WAS-LX2J)レビュー!AnTuTuベンチマークも公開中です!

HUAWEI P10 liteとは?実機確認とベンチマークを公開。

今、SIMフリースマホの最も勢いのあるメーカーと言っても過言では無いHUAWEI(ファーウェイ)から、2017/6/9に発売されたスマートフォン「HUAWEI P10 lite(WAS-LX2J)」。先日、注文した同端末がついに届きました!

f:id:piza-man:20170618102347j:plain

発売からまだ10日も経たない現在でも、既に比較サイトでも上位にランクインするなどの大人気振りです。

 

今回は、いきなり大人気の「HUAWEI P10 lite」の実機レビューと恒例のAnTuTuベンチマーク測定と共にお送りします。

 

スペック等

主なスペック

主要なスペックは、下記の通りです。

  • OS: Android 7.0 Nougat / Emotion UI 5.1
  • CPU: Kirin658 オクタコア (4×2.1GHz+4x1.7GHz)
  • ROM / RAM: 32GB / 3GB
  • 外部メモリ: microSD/SDHC/SDXC / 最大128GB
  • サイズ: 高さ146×幅72×厚さ7.2 mm
  • 重量: 約146g
  • ディスプレイ: 5.2インチ IPS、1920×1080
  • カメラ: アウトカメラ1200万画素、インカメラ800万画素
  • バッテリー:容量 3,000mAh
  • FDD-LTE : B1/3/5/7/8/18/19/26  (※au VoLTE対応予定あり)
  • TDD-LTE : B41
  • W-CDMA:B1/5/6/8/19
  • GSM:850/900/1800/1900MHz
  • SIMスロット: Nano SIM x 2
  • WiFi: I802.11a/b/g/n/ac (2.4/5.0GHz)
  • Bluetooth: Bluetooth 4.1 HS
  • センサー:GPS/AGPS/Glonass、加速度, コンパス, ジャイロ, 環境光, 近接, 指紋センサー
  • その他:急速充電対応

[HUAWEI公式:P10 liteスペック]

consumer.huawei.com

売ってるところ

取り扱うオンラインショップは非常に多く、HUAWEI公式の「HUAWEI ONLINE STORE(楽天)」を始め、殆どの有名家電量販店のサイトでは取り扱いがあるようです。

HUAWEI | ファーウェイ オンラインストア 楽天市場店

ちなみに、今のところおすすめの販売店は「gooのスマホ」シリーズでもお馴染みの「goo simseller」の各本支店です。

混んでいる場合は発送まで時間が掛かる事が多いですが、各本支店共に発売直後にも関わらず、いきなり安いです。しかもocnSIMパッケージのおまけ付。

  • HUAWEI ONLINE STORE:税込32,378円(※2017/6/18現在)
  • goo simseller各本支店:税込25,704(※2017/6/18現在)

[goosimseller:amazon支店]

 

※H29/6上旬注文時点、回線申込みは必須ではありませんでした。

※なお本店の「らくらくセット」は通話回線とのSET購入です。端末だけ欲しい人はお間違いなきよう。

※購入店や購入時期により値段やSIMパッケージの種類・有無、SET内容が異なる場合があります。ご留意ください。

 

それでは、HUAWEI P10 lite (WAS-LX2J)を開封してみます!

 

※下記「開封の儀」は「goosimsellerで2017/6上旬に注文した場合」の内容となります。時期違いや購入店違いでの差異は留意ください。

 

開封の儀

荷物到着

シンプルな箱で配送されてきました。思ったより小さい箱です。(22.5×12×7.5cm)

f:id:piza-man:20170618100115j:plain

simsellerではいつも通りですが、配送業者は佐川急便で千葉県からの発送(陸送便指定)でした。

f:id:piza-man:20170618100126j:plain

 

パッケージと対面

配送箱を開封しました。箱の中身は納品書の他に「P10 lite」「SIMパッケージ」「端末アフターサポートのパンフ」です。

f:id:piza-man:20170618100140j:plain

背の高いパッケージがとても印象的です。ただのデザイン?それとも何か意味があるのでしょうか?

f:id:piza-man:20170618100202j:plain

早速箱を開けてみると、その理由が少し分かった気がします。

付属品が入れられている箱が、本体の緩衝材代も兼ねているようです。非常に合理的な梱包で、他メーカーさんも参考にした方が良いのでは?

f:id:piza-man:20170618100233j:plain

なお、P10 liteの国内モデル型番は「WAS-LX2J」です。

f:id:piza-man:20170618100244j:plain

 

本体外観

今回購入した色は黒(Midnight Black)です。

海外メーカーの格安スマホには何故かメッキ素材が多用されがちですが、P10 liteにはそれがほとんど無く新鮮に感じます。もちろん外観に安っぽさは全く感じません。

[表面]

全面ブラックです。下部にメーカーロゴ、上部の通話スピーカーは珍しい金網っぽい素材です。タッチパネル淵を見ると僅かに、ラウンドガラスを採用しているのが分かります。

f:id:piza-man:20170618100310j:plain

 

[背面]

背面はガラスパネルです。よく見ると色はツートンカラーになっています。Midnight Blackの場合は、カメラ周辺の最上部は真っ黒、それ以外は濃いチャコールグレーのメタリックカラーな感じです。

f:id:piza-man:20170618100326j:plain

カメラは完全にフラットです。中央の四角は「指紋センサー」。

f:id:piza-man:20170618100338j:plain

 

[側面(上)]

一般的なヘッドフォン端子です。

f:id:piza-man:20170618100422j:plain

[側面(左右)]

ディスプレイ側から見て、右サイドには、上から「音量ボタン」「電源ボタン」。

f:id:piza-man:20170618100434j:plain

左にはSIM&microSDスロットがあります。 

f:id:piza-man:20170618100452j:plain

[側面(下)]

マイク、充電コネクタ、スピーカー。

f:id:piza-man:20170618100508j:plain

 

付属品

P10 liteの付属品を並べてみました。

f:id:piza-man:20170618100526j:plain

画像だけでは判り難いので付属品をリストアップします。

  • P10 lite本体
  • 充電器
  • microUSBケーブル
  • イジェクトピン(SIMスロットピン)
  • イヤフォン
  • クイックスタートガイド
  • ハードケース

※なお、紙の保証書はありません。

 

続けて、付属品について幾つかを補足したいと思います。 

充電器

充電器はUSBケーブルを差し込むタイプで、仕様は「入力 :AC100V~240V 50/60Hz 0.5A / 出力:5.0V 2A OR 9V 2A」です。

f:id:piza-man:20170618100814j:plain

「電流を上げるタイプの急速充電」は他の格安スマホにもよく搭載されていますが、P10 liteは「電圧を上げるタイプの急速充電」にも対応しています。

 

microUSBケーブル

付属の充電ケーブルはmicroUSB(Type B)です。

f:id:piza-man:20170618100854j:plain

 

ハードケース

メーカー純正のクリアハードケースが付属します!これは結構嬉しいサービスです。

ちなみにクリアと言っても完全な透明では無く、極小ドット柄とスモークが掛かっており汚れや指紋は目立ちにくいかも知れません。

なお、4隅で取り付けるタイプで脱着困難ではありません。

f:id:piza-man:20170618100911j:plain

 

付属品の補足はここまで。

 

SIMスロット

左上側面のSIMスロット穴に付属のイジェクトピンを奥まで差し込み、SIMトレイを取り出します。

[トレイ取り出し]

f:id:piza-man:20170618100931j:plain

[トレイはこんな感じ]

Slot1は「nanoSIM」、Slot2は「nanoSIM OR microSD」です。一応、SIMスロットは2つありますが・・・。

f:id:piza-man:20170618100948j:plain

国内では実質DSDS非対応となる為、Slot2は「microSD」専用だと思って差し支えありません。「SIM」はSlot1へどうぞ。

[クイックスタートガイドより]

f:id:piza-man:20170618101000j:plain

 

セッティング

SIMをトレイにセットし、本体に挿入したら、右側の電源ボタンを長押しで起動です。

f:id:piza-man:20170618101034j:plain

 

この後は、画面の指示に従い各自初期設定を行ってください。

 

続いてベンチマークです!

 

ベンチマーク

AnTuTuベンチマーク

AnTuTu総合ベンチマークです。4回実施してみます。

(AnTuTu v.6.2.7、P10 lite build v.WAS-LX2JC635B106)

[右:1回目、左:2回目]

f:id:piza-man:20170618101112j:plain

 

[右:3回目、左:4回目]

f:id:piza-man:20170618101123j:plain

概ね5万後半~6万程度でした。

購入価格を考えると、かなり優秀な結果です。

 

続けてデバイス情報をチェック。

基本情報

f:id:piza-man:20170618101248j:plain

ストレージ・CPU

f:id:piza-man:20170618101308j:plain

ディスプレイ・カメラ

f:id:piza-man:20170618101325j:plain

バッテリー・OS・機能・ネットワーク

f:id:piza-man:20170618101341j:plain

センサー

f:id:piza-man:20170618101355j:plain

以上、ベンチマークでした!

まとめ

ヌルヌル動作、価格なりのタッチパネル

画面移動などはヌルヌル動くタイプで、ツール系アプリで困ることは先ず無いでしょう。

タッチパネルの質感はツルツルで、フリック操作はしやすいと思います。ただパネル感度はハイエンドモデルほどでは無く、少数とは思いますが数ピクセルのフリック精度を必要とするようなゲーム等する方には、多少物足りなさがあるかもしれません。単純にスペック的な要因かも知れませんが。

しかしながら、洗練されたデザインにお得感のある基本スペック、実用的なサイズなど、全体として完成度の高い格安スマホと感じます。

価格のインパクトとライバル機

定価の32,378円で購入するのであれば、さほどインパクトはありませんが、今回の購入価格(25,704円)程度であれば話は変わってきます。

2017/6/18現在、2万円台のスマホとしてはトップクラスのスペックを誇っており、DSDS機能を利用しないユーザーにとっては、かなり有力な選択肢と考えられます。

 

対抗馬としては同社の人気端末で、安価で基本性能も近い「HUAWEI nova lite」があげられます。

[ライバル候補?:HUAWEI nova lite]

しかし、当然後発の「P10 lite」では向上された部分も多く、その点に魅力を感じるかどうか?が「nova lite」との判断材料になりそうです。

[ざっくり比較。主要な向上点:nova lite VS P10 lite]

  nova lite P10 lite
CPU Kirin 655 Kirin 658
ストレージ 16 GB 32 GB
wifi 11b/g/n (2.4GHz) 11a/b/g/n/ac (2.4/5.0GHz)
急速充電(9V/2A) 非対応 対応
その他  - au VoLTE対応予定
価格 ¥21,384 ¥25704

※価格は2017/6/18のgoo simsellerです。

 

結局どんな人におすすめ?

買いの人(おすすめの人)

  • 安くて出来る限り良い性能のスマホが欲しい人
  • 無線LAN親機がac対応している人
  • 対応予定日のauVOLTEに興味のある人

見送りすべき人

  • 上記の「ざっくり比較」で、P10 liteに魅力を感じなかった人
  • DSDS機能が必要な人
  • 激重・繊細な動作が必要なゲームをする人

 

それでは、楽しい HUAWEI P10 liteライフを!